妊娠、産後のお悩み解消コーナー

骨盤矯正をされる女性を多数現場でみてきた整体師であり、3児の出生を機に『育児休暇をとり』家事や子育てに参加した一夫として、身近な疑問や不安をよりリアルな形でよりよい解消方法をご提案を出来たらと思います。

現在の妊婦さんこれからの妊婦さん、産後のママさんの不安を解消し、心温かく勇気づけられ明日に向かって頑張っていこうと思えるサイトになれたら幸せです。

妊婦さん同志、産後の新米ママさん同志でもわからないことをお互いに相談し合う場になっても素敵だなと思います。

専門家としてのアドバイスもこちらで、出来ていけたらなとも思います。知り合いの助産師さん(産婦人科の先生これから)骨盤矯正整体師として身体のアドバイスなども、積極的にやっていきたいです。

産後の骨盤矯正は、いつから出来るの!

 産後の骨盤矯正は、整体院に通う場合と自分で家で出来る事では、始める時期というのは異なります。

整体院では、(整体院でもやる内容によって、すぐに始められるところもありますが、)自然分娩の場合で約1ヶ月から、帝王切開の場合で約1ヶ月半から2ヶ月ぐらいを目安で当院では行っております。帝王切開の場合は、傷口が治ってからの施術を基本に考えます。これは、整体院で行う場合で骨盤ベルトなど産後直後からできるものは、すぐに初めて頂きたいです。

 

  産後1ヶ月の間は、あまり無理な運動をせず、体を回復させることに集中して頂くのがお勧めです。軽い運動で、体を支える筋肉を鍛え、腰や背骨に負担がかからないように体を作り上げていくことはすごく有効であります。しかし、運動を激しくしてしまうことにより、体を痛めてしまい余計に回復が遅くなる恐れがありますのでご注意ください。

DSC_5721

切迫早産、流産の予防として、骨盤を適度に締める!

最近、切迫早産切迫流産という言葉をよく耳にします。周りでも、切迫早産と診断され入院を余儀なくされた方も沢山みえます。そもそも切迫早産、流産が多くなってきた背景には、現代病とも言える骨盤を支える筋肉が、弱体化してきたことが原因と考えられているそうです。昔の人は、畑仕事や隣の村まで何キロも歩いたり、足腰をしっかり使うことが多かった訳です。現代では、車やエスカレーターやエレベーターなど生活に便利なものが、増えたことによって昔の人と比べると足腰が弱ってきているようです。そのため、赤ちゃんを本来支えなければならない骨盤周りの筋肉、靭帯が支えきれず赤ちゃんが下に降りてきてしまい切迫早産、流産になられる方が増えたそうです。 では、どうしたら切迫早産、流産にならなくてすむのか、、妊娠中に骨盤周りを鍛えなさいというのは難しいものです、、、あくまでも対処療法にはなるのですが、骨盤ベルトもしくは”さらし”を巻いて対処します。巻く位置は、恥骨のすぐ上ぐらい、間違ってもお腹に巻かないでくださいね。巻く時の注意点は、出来れば赤ちゃんを上に上げてから巻く。つまり、仰向けで寝てもらい恥骨を上に持ち上げた状態で、骨盤を締めるのが理想です。それが腰が痛くて難しい場合は、下に座布団、クッションを敷いて、赤ちゃんが上(お母さんの頭の方)に上がるのを確認して骨盤を骨盤ベルトや”さらし”で締めるとよいです。あくまで、対処ですので、お医者さんや助産師さんにご相談くださいね。

DSC_5273

足のむくみは、貧乏ゆすりで改善!?

足のむくみ、ほてったり、たるかったり、足首が腫れ上がってゾウさんのような足首に、、辛いですよね、、。。足のむくみの改善の仕方は、リンパマッサージをする、足を上に上げたりする、温めるなどいろいろありますよね。

オススメなのが、『貧乏ゆすり』です。え、?、貧乏ゆすりって、悪いイメージが、そう思われる方も多いと思います。名前からして、悪いイメージですよね。でも、これが一番効くのです。、、と言い切るのも、どうかと思うので、良いと思われます。

貧乏ゆすりは、『筋肉の伸縮』をスムーズに行ってくれる素晴らしい機能なんです。その『筋肉の伸縮』が、血管やリンパ管を圧迫、開放の繰り返しを行い、血液やリンパ液の流れを良くしてくれるんです。つまり、足に溜まった悪い血液や老廃物を心臓に戻してくれるポンプの役目をしてくれているんです。足の重力により老廃物が溜まりやすい状況にある中でのむくみの救世主が、『貧乏ゆすり』なんです。実はとっても、いいやつなんです。^^ですから、敵対視せず、素敵に見てやって欲しいのです。現実は、周りの人に嫌がられ、迷惑がられるので、改善策があります。

誰もいない時は、貧乏ゆすりがお薦めです。あの微妙な揺れがすごく効果を出しやすいからです。

人がいる時は、足首の上げ下げをしてください。立っている時は、疲れない程度につま先立ちから足首の上下、座っている時例えば会社なら机の下で、ゆっくりでもいいので『足首をの曲げ伸ばし』を意識的に行ってください。これは、あくまでも『筋肉の伸縮』→『むくみ解消』を目指しているものなので、筋トレではありません。なので、筋肉を鍛えるよようなやり方でなく、ストレッチ感覚で気持ちよくやってください。疲れたら休憩し、好きな音楽を聞きながら、足でリズムをとるように楽しくやって下さい。^^


貧乏ゆすりで、むくみが解消されるしくみ

図:貧乏ゆすりで、むくみが解消されるしくみ

むくみを解消する足首上げ下げ運動

(1)つま先立ちをするように、足首を伸ばします。
(この時ふくらはぎが上に持ち上がり筋肉がキュっと縮こまるイメージで)

イメージ:つま先立ちをするように、足首を伸ばす。

この繰り返しで循環が良くなり、 むくみが解消される。

(2)足首の力を緩めます。
(かかとを完全に床につけないようにするのがコツです。)

イメージ:足首の力を緩め

*ポイント(1)*  楽しくリズムをとるように、左右交互でもいので、ルンルンでやってください^^
*ポイント(2)*  足のむくみ改善靴下などを履きながら運動をやるとより効果的です。

腰痛を和らげる方法 その2

腰痛改善運動

その2:大臀筋という筋肉をほぐします。

(1)お家にあるバスタオルを丸めます。出来るだけ硬く絞るように。

(2)丸めたバスタオルをお尻(大臀筋)に充てるようにして、仰向けに膝を曲げて寝ます。

(3)膝を曲げた状態で左右に倒します。これを繰り返しやります。
*お尻が痛気持ちいいぐらいにゴリゴリほぐすイメージで行って下さい。腰の筋肉がストレッチされるのを意識するのではなく、あくまでお尻の筋肉(大臀筋)がほぐされるイメージで行ってくください。くれぐれも無理をしないようにして下さい。

イメージ:腰痛改善運動

腰痛を和らげる方法 その1

腰痛の原因は、さまざまですが産後の腰痛、慢性的な腰痛にも効果的な方法をご紹介致します。腰痛を改善させるのに実は腰の筋肉をほぐすのではなく、骨盤周りの筋肉をほぐすことで腰痛は改善されます。骨盤周りの筋肉で主に腰痛に影響するのが、:ハムストリング(ハムストリングスともいう)という太ももの裏側の筋肉と大臀筋というお尻の筋肉が硬くなると骨盤が引っ張られ骨盤が後傾(後ろに傾き)して次に腰の筋肉が引っ張られ筋肉がロック(動かない)した状態になり腰痛になります。
また、お尻の筋肉(大臀筋など臀部)が硬くなっていると座骨神経を圧迫して、足のしびれや痛みにも繋がります。

このハムストリングとお尻の筋肉(大臀筋)の腰痛との関係ともう一つは、特に産後は骨盤の関節(仙腸関節)のずれやゆがみに大きく関わりを持っていると考えます。妊娠中からこの骨盤の関節がずれることで、変な突発的な腰痛を引き起こし長引かせる場合があります。整体の骨盤矯正では、この骨盤のずれを数秒で治すことで一瞬で痛みがなくなる程です。この骨盤の関節をご自身の手で治すことは、出来ないので、この関節に影響する骨盤周りの筋肉をほぐすことで仙腸関節のずれを少し軽減することは出来るかと思います。このお尻にの筋肉が和らげれば骨盤周りの筋肉も和らぎ腰周りの筋肉も和らぐという連鎖が起こることが多いです。また骨盤周りが整うことで、骨盤内にある子宮環境が良くなり、生理痛が軽減されることも多々あります。下記にその方法をご紹介しますね。

腰痛改善運動

その1:太もも裏のハムストリングという筋肉を伸ばします。

(1)仰向けで寝て、伸ばしたい方(太ももの裏)の足が上になるように足を組みます。

(2)組んだ足の下側の足のすねを両手を組むようにつかんで、ひざが頭の方にくるように曲げて引っ張ります。

(3)太ももの裏側が伸びている感覚があればオッケーです。
*これを両足やります。くれぐれも無理をしないようにして下さい。

イメージ:腰痛改善運動

尿漏れを改善させる方法

先にも述べましたが、尿漏れをするということは、骨盤底筋群が緩んでいる証拠です。
この緩んでしまった骨盤底筋群を引き締める運動を地道にやっていくと尿漏れが治まってきます。(*骨盤ベルトを締めると少し軽減するようです。)

骨盤底筋群を戻す運動

イメージ:尿漏れを改善させる方法おしっこを止める力を使う。イスに座っている時でも、立っている時でもどちらでもいいので、おしっこを止める動作、体の内側で使う筋肉を意識して締めて、緩めてを繰り返してくだい。絞り上げるようなイメージ。わかりにくい方は、丸めたバスタオルなどを股間に挟み、それを股の力で、肛門を締めるようにバスタオルを絞りあげて、力を抜いて。の繰り返しをしてください。

産後の尿漏れ、腰痛、生理痛を良くするには!?

イメージ:産後の尿漏れ、腰痛、生理痛を良くするには!?産後は、妊娠中から排出されるリラキシンというホルモンの影響で関節、靭帯がゆるみ、骨盤底筋群という筋肉もゆるゆるの状態です。骨盤が開くというのは、関節も少しは開きますが、骨盤を支えるその周りの靭帯、筋肉群がゆるんだ状態を指します。産後は特にこの筋肉群がゆるんでしまっていて、子宮や腰骨など内臓から骨格を支えられず、内臓下垂したり腰を支える筋肉や関節が痛んでしまったりすることで産後腰痛や尿漏れ、生理痛などがひどくなったりする方が多くみられます。

まずそれを改善させるには、それらの筋肉(骨盤底筋群など)を元にもどす必要があります。子宮や筋肉靭帯が元に戻るには、母乳を与えているなど条件によって違いますが、約半年間をかけて少しずつ時間をかけて体が自然治癒力で戻そうとしてくれます。ですが、より良い状態(キレイな体型や健康的な体)に戻すことを目指そうとされるのであれば、自然治癒力で回復させる間に出来るだけ骨盤をサポートする必要があります。それが『骨盤ベルト」や『さらし』などサポート用の道具を使用する方法と産後の体操の方法をお勧めします。

産後すぐは、お腹ではなく骨盤から締める。

助産師:加藤 あい さん先にお腹を締めてしまうと、内蔵が上から圧迫されることになり骨盤の下の方に内蔵が下がってしまい、子宮脱などの原因にもなりかねません。また、内蔵が下がることで、便秘がちになったり、代謝が落ちる可能性もあります。 産後すぐは、まず骨盤から締めましょう。

産後骨盤がグラグラになった状態で、無理に動いてしまう。するとそのせいで、産後の腰痛や尿漏れ、生理痛がひどくなったり、更年期障害がひどくなりやすかったりなど、産後ご自身へのお体のケアによって、今後の健康にも影響されます。どうなるか?想像してみてください。捻挫もしくは事故などで体がぼろぼろの状態で、無理して体を動かすとどうなりますか?ひどくなるか、後々後遺症という形で、辛い症状が出てきそうですよね?それと同じです。捻挫をしたらギブスなど固定もしくはサポートするものです。ですから、産後は、骨盤(体の土台)をしっかりサポートして無理に動かないでくださいね。できるだけご両親、旦那様、近所の方など手伝ってもらいましょう。

子宮脱(子宮が外へ出て来てしまう)にならないように!骨盤を締めよう!
*何千人の赤ちゃんを取り出した助産師さん(加藤あいさん)からのアドバイス。「実際に産後数か月でも子宮が出てきている人を何人か見ています。産後ちゃんと骨盤を締めることをお薦めします。」という現場の声も。

ご意見、体験などを募集しております。
コメントに対して、返信はできるものと出来ないものがありますが、
有り難く頂いた全てのコメントに目を通しています。
また、その体験ご意見の中からみなさまにお役に立ちそうな情報をまとめて掲載させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>