整体院の院長が開発したオリジナルグッズの専門店

  • カートを見る
  • マイページ
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube
  • Mail
レビュー投稿でクーポンGET!

姿勢を改善して猫背を矯正させる方法 

BLOG

姿勢を改善して猫背を矯正させる方法 

・猫背による心と体への影響とは?

 

体への主な影響

 

 

●猫背になると肺が圧迫され、浅い呼吸になることで 酸素が行き届きにくくなります。

(血液循環と酸素量の低下により) 

 

 結果→

 

脳(集中力低下しボッーとする)

 

筋肉(硬くなり運動能力低下) 

 

内臓(腸の働き低下,免疫力低下,太り易い体質)

    

肩こり、頭痛、めまいなどの体調不良(血流不足により)

 

このような症状を引き起こす可能性があります。

 

 

心への主な影響

 

●背骨を通る神経圧迫により、自律神経が乱れる

 

結果→

 

精神的影響(やる気が出ない、すぐイライラする、落ち着きがなくなる、自己肯定感の低下など)

 

うつ(脳が休まらない為に、うつ症状を引き起こすことも)

 

自信の喪失(気が進まず、自分に対しても自信をなくすことも)

 

 

このような症状を引き起こす可能性があります。

 

 

 

 

姿勢を改善することでのメリットとは?

 

☑️集中力の向上(筋肉への負担が減り、神経圧迫がなくなり、血流が良くなる為、脳が活発に動く)

 

☑️体の快調(血流が良くなることで、怠惰感がなくなり、笑顔も増える)

 

☑️自己肯定感の向上(自らの価値と存在意義を肯定できる感情が向上し、幸せ度が上がる)

 

☑️気分が明るくなる(呼吸が深くなることと、背骨の圧迫が解放され、自律神経が整うため)

 

☑️姿勢美人になる(骨盤が立ち、背骨のラインまで、美しい曲線から美しく見える)

 

☑️ダイエット効果がある(筋肉の動き、脂肪燃焼が高まり代謝が良くなり、痩せやすくなる)

 

姿勢改善ダイエット

 

 

 

ここに挙げたのは、一例です。

 

姿勢を改善することは、本当にたくさんのメリットがあるんです。

 

 

悪い姿勢と、良い姿勢と体への影響はどう違うの?

 

 

 

悪い姿勢と良い姿勢の違い図解

 

 

図のように

 

悪い姿勢をとると肺が圧迫されることで

浅い呼吸になってしまいます。

 

また、胸側と背中側の筋肉のバランスが悪くなります。

背中側の筋肉が引っ張られ、負担が大きくなり

肩こりや背中の痛みなどが出てきます。

 

その結果、全身に酸素が行き渡りにくくなり、

脳への血流不足から集中力の低下、仕事への効率も悪くなる、不安の症状などが現れやすくなります。

 

 

良い姿勢をとることで

肺が広がり、全身への酸素供給、血流が良くなり

頭がスッキリとして、作業効率も上がり、精神的にも明るくなります。

 

また

筋肉の動きも良くなることで

体も軽くなり、日常を楽に送りやすくなります。

 

このように、悪い姿勢と良い姿勢とでは

脳や体への大きな影響が出るんですね。

 

 

 

 

そもそも正しい姿勢とは?

 

 

 

◉立位:立っている状態の場合

 

 

 

正しい姿勢ポイントコツ

上記のように、

頭、肩、背中、お尻、ふくらはぎ、かかと が

壁に無理に押し付けようとしなくても、

自然につく!

この状態が、正しい姿勢となります。

 

少しでも、無理に壁に上記の部位を

押し当てようとしてつく!というのは

日常で、良い姿勢であるとは言えません。

 

 

 

◉座位:座っている状態の場合

 

 

 

座っている姿勢改善

 

上記のように、

お腹がまっすぐに上に伸びている状態で

頭の位置とお尻の位置が真っ直ぐの状態。

 

頭がお尻の真上にのるように意識して

横から見て一直線上になるのが

正しい姿勢です。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: 姿勢改善(猫背矯正)について 更新日: 2020/08/06

カテゴリ一覧

月別アーカイブ